ハイスピード(HySPEED)工法について


ハイスピード(HySPEED)工法の施工技術概要

施工は特殊ドリルによる孔の掘削、砕石を投入し、締め固めるという流れで行われます。 掘削には空気の力だけを利用した独自の掘削技術(ハイスピード[HySPEED]工法)※特許申請中を利用しております。 エアハンマーを使用して、砕石及び杭周辺地盤への圧密をより効果的にかけて行きます。 砕石杭を構築する工法は従来から存在していましたが(バイブロフローテーション工法、サンドコンパクション工法等)宅地用に 施工機器の小型化を計り、さらに施工効率を高めたことで従来の宅地用の砕石パイル工法の課題であったコストの問題を解決しました。



エアハンマーの特徴、砕石パイル施工の流れ

2重管ドリル正転により設計杭長までの掘削完了後、砕石を投入しドリルを逆回転(掘削とは逆向きの回転)させることで押し込み力を高め、 砕石及び周辺地盤への圧密を促進するということ方法です。このとき同時に、エアハンマーによる振動衝撃が圧密効果を高めます。 周辺地盤の土質と強さにより、圧密の度合いにバラツキがはてます。このバラツキは、弱い地盤は圧密がより進行し、強い地盤はそれ相当の圧密が かかるというもので、全体として同等の地盤耐力が得られるということになります。


ハイスピード(HySPEED)工法の施工後の検査方法

従来の地盤改良工事において、施工後の性能検査として平板載荷試験を実施している施工会社は数少ないのが現状です。 例えば、セメント系柱状改良の場合、セメントミルクのテストピースでの性能検査であり、実際の杭からのサンプリングではありません。 又、柱状杭杭頭における平板載荷試験も行われていません。鋼管杭においても同様です。 ハイスピード(HySPEED)では、標準性能検査として施工後に地盤面から1.0mの杭頭での平板載荷試験を実施しています。 これにより、砕石パイルの耐力をより正確に測定確認をすることが出来ます。


ハイスピード(HySPEED)工法と既存工法の比較一覧表

お客様の健康・財産・環境を守ります

住まい手の「健康」を守ります!!

天然砕石のみを使った砕石杭のため土壌を汚染しません。発がん性物質の六価クロム発生の心配は一切ありません。 マイホームを建てるお客様の健康を守ります。

住まい手の「財産」を守ります!!

不動産の売却時に浄化費用や埋設物の撤去費用が発生しません。地盤改良による資産目減りの心配がありません。 マイホームを建てる「土地」。このお客様の大切な財産の資産価値を守ります。

地球の「環境」を守ります!!

他の地盤改良工法と比較してCO2削減効果が約2000Kg.(※.建坪20坪程度の戸建の場合)地盤改良で温暖化防止に貢献できるエコ工法です。

その他、地震対策、液状化対策、品質面等の訴求ポイントもあります

カウンター

このページの上部へ戻る